1月4日までの1週間に全国の医療機関を受診した患者数は、推計139万人となり前週より1万人ほど増加した。また、基幹定点医療機関から届け出のあったインフルエンザによる入院患者数は1016人と、今シーズン初めて1000人を超えた。

インフルエンザ入院報告数が1000人を超えるの画像

ログインして全文を読む