国内でのインフルエンザ流行を迅速に把握するために、全国の有志医師がインフルエンザ症例を報告し情報を共有しているMLインフルエンザ流行前線情報データベース(ML-flu-DB)によると、12月21日までの1週間の新規患者数は2398人となった。報告医師数当たりでは15.6件と前週の9.25件から大幅に増加した。

インフルエンザ、先行指標が注意報レベルを大幅に超えるの画像

ログインして全文を読む