今シーズンのインフルエンザ流行株の主流となっているAH3亜型は、昨年および一昨年に流行したウイルスAH3亜型と比べて遺伝子変異が進んでいることが分かった。横浜市衛生研究所の検討で明らかになった。今シーズンのワクチン株と流行株の抗原変異については、現在、国立感染症研究所で分析中だ。

流行株のAH3亜型、昨年、一昨年より変異が進むの画像

ログインして全文を読む