抗インフルエンザ薬のうち同じ吸入薬であるリレンザとイナビルについて、使い分けるべきかどうかを尋ねたところ、「患者の状態に合わせて使い分ける」との回答が45.9%、「使い分ける必要はない」が30.2%という結果だった。日経メディカル Onlineが実施した「2014/15シーズン・インフルエンザ治療に関する調査」で明らかになった。

リレンザとイナビル、「患者の状態に合わせて使い分ける」が45.9%の画像

ログインして全文を読む