高齢者へのインフルエンザワクチンと肺炎球菌ワクチン併用で、肺炎予防効果が増強されることが示された。症例対照研究の成果で、名古屋市立大学の鈴木幹三氏らが第88回日本感染症学会(6月18〜20日、福岡開催)で発表した。

高齢者へのインフルと肺炎球菌ワクチン併用、予防効果の増強を確認の画像

ログインして全文を読む