タミフル耐性H1N1pdm09ウイルスが静岡県でも検出されたことが明らかになった。全国地方衛生研究所と国立感染症研究所が行っている抗インフルエンザ薬耐性株サーベイランスによると、耐性H1N1pdm09ウイルスが検出されたのは2月10日時点で、北海道、山形県、神奈川県、静岡県、三重県、大阪府の6道府県に広がった。全体の検出率は7%(374件中28件)となっている。

タミフル耐性H1N1pdm09、静岡県でも検出、6道府県で28件にの画像

ログインして全文を読む