抗インフルエンザ薬のうち、2011/12シーズンに主に使った薬剤は、タミフルが56.4%で最も多かった。イナビルが24.2%、リレンザが16.1%で続いた。ラピアクタは1.9%だった。日経メディカル オンラインが実施した「2011/12シーズン・インフルエンザ治療・レビュー調査」で明らかになった。2010年11月実施の調査結果でも同様の順位だったが、タミフルが13ポイント減少する一方で、イナビルは8.6ポイント、リレンザも4.8ポイント、それぞれ増加していた。ラピアクタの結果は、0.1ポイントの減だった。

主に使う抗インフル薬、タミフルが13ポイント減、イナビルは8.6ポイント増、リレンザも4.8ポイント増の画像

ログインして全文を読む