非接触遠心ポンプ型の植え込み型左心補助人工心臓(LVAD)であるHeartMate3の安全性をHeartMate2と比較するMOMENTUM3試験の中間解析から、脳卒中転帰不良およびLVADの置換や抜去に伴う再手術の複合エンドポイント回避率はHeartMate3の方が有意に良好だったと、ハーバード大学医学部の関連病院であるブリガム・アンド・ウイメンズ病院のMandeep R. Mehra氏らが米国心臓協会学術集会(AHA2016、11月12〜16日、ニューオリンズ開催)で発表した。

補助人工心臓HeartMate3、6カ月成績は良好の画像

ログインして全文を読む