スタチンによる積極脂質低下療法で認められた冠動脈プラークの退縮は、前駆蛋白質転換酵素サブチリシン/ケキシン9型(PCSK9)阻害薬エボロクマブの投与によっても観察されることが明らかになった。血管内超音波検査(IVUS)を用いてエボロクマブによる動脈硬化の進展抑制を検証したGLAGOV試験の結果で、米クリーブランドクリニックのSteven E. Nissen氏らが米国心臓協会学術集会(AHA2016、11月12〜16日、ニューオリンズ開催)で発表した。

PCSK9抗体エボロクマブで冠動脈プラーク退縮の画像

ログインして全文を読む