日本人2型糖尿病患者に対する低用量アスピリンの心血管一次予防効果を検討したJPADの延長試験である、JPAD2の結果がまとまった。ランダム割り付けしたJPADの期間と合わせた計10.3年の追跡でも、アスピリンによる心血管イベントの一次予防効果は認められなかった。米国心臓協会学術集会(AHA2016、11月12〜16日、ニューオリンズ開催)で、奈良県立医科大学第一内科の斎藤能彦氏らが発表した。

10年追跡もアスピリンにCV一次予防効果認めずの画像

ログインして全文を読む