SGLT2阻害薬の投与によって高齢糖尿病患者でも非高齢患者と同等の体重減少や食後血糖の改善が見られたことから、特に高齢患者では大血管症の発症・進展抑制への寄与が期待できそうだという。一方、高齢者ではHt、電解質、腎機能などには注意が必要とした。石丸安世記念熊谷ディアベテスクリニック(埼玉県熊谷市)の浅野智子氏らが、日本糖尿病学会年次学術集会(5月19〜21日、京都市)で発表した。

SGLT2阻害薬は高齢患者でも一貫した効果の画像

ログインして全文を読む