ペン型インスリン注射器では注射前に空打ちが求められ、メーカーの使用説明書などには、針先を上に向けて2単位(一部では3単位)出すよう記載されている。これに対して防衛医科大学校総合臨床部の田中祐司氏らは、第59回日本糖尿病学会年次学術集会(5月19〜21日、京都)で、「下向き1単位の方が理にかなっている」と指摘した。

ペン型インスリン空打ちは下向き1単位が合理的の画像

ログインして全文を読む