非弁膜症性心房細動(NVAF)に対する新規経口抗凝固薬(NOAC)リバーロキサバンの市販後調査(PMS)として行われている国内前向き観察研究XaPASSの中間解析結果を、第80回日本循環器学会学術集会(JCS2016、3月18〜20日、仙台市)で東邦大学内科学講座循環器内科学分野の池田隆徳氏らが報告した。

リバーロキサバンPMS、低用量でイベント増加の画像

ログインして全文を読む