我が国の実臨床では、既存利尿薬に抵抗性のうっ血性心不全に対して、長期予後の改善を目的にバゾプレシンV2受容体拮抗薬トルバプタンを15日以上投与する場合が少なくない。しかし、長期投与に関するエビデンスは乏しい。そこで富山大学大学院内科学第二講座の絹川弘一郎氏らは、市販後調査(SMILE study)のデータを用いて、長期投与例の詳細を検討した。

実臨床でのトルバプタン長期投与、その評価はの画像

ログインして全文を読む