我が国で経カテーテル的大動脈弁留置術(TAVI)が行われた患者の30日死亡率は1.2%で、欧米に比べて良好であることが分かった。我が国のTAVI施行例を全例登録している、経カテーテル的大動脈弁置換術(TAVR)関連学会協議会による解析。大阪大学大学院心臓血管外科の鳥飼慶氏らが、第80回日本循環器学会学術集会(JCS2016、3月18〜20日、仙台市)で報告した。

我が国のTAVI実臨床成績、30日死亡は1.2%の画像

ログインして全文を読む