微量アルブミン尿は脳・心血管疾患発症の独立した危険因子と見なされているが、非高血圧者ではリスクにならない可能性があるという。東北労災病院高血圧内科の金野敏氏らが、「亘理町研究」の対象である一般住民を高血圧の有無で2群に分けて検討した結果、明らかになった。同氏らが第38回日本高血圧学会総会(10月9〜11日、開催地:松山市)で発表した。

微量アルブミン尿、高血圧者のみ心血管リスクにの画像

ログインして全文を読む