臥位高血圧が心血管病、特に脳卒中発症の有意な危険因子になることが明らかになった。一般住民を対象としたコホート研究である久山町研究による知見で、九州大学大学院環境医学の坂田智子氏らが第38回日本高血圧学会総会(10月9〜11日、開催地:松山市)で発表した。

臥位高血圧は心血管病、特に脳卒中のリスクにの画像

ログインして全文を読む