糖尿病合併高血圧患者の降圧目標は、我が国の「高血圧治療ガイドライン」(JSH2014)では130/80mmHg未満とされている。しかし、日本人2型糖尿病患者を対象にアスピリンの心血管イベント一次予防効果を検討したJPADの延長試験「JPAD2」の解析では、140/90mmHg未満が妥当である可能性が示された。熊本大学保健センターの副島弘文氏らが、第38回日本高血圧学会総会(10月9〜11日、開催地:松山市)で報告した。

日本人糖尿病患者の降圧目標、140/90が妥当の画像

ログインして全文を読む