独ベーリンガーインゲルハイム社と米イーライリリー社は8月20日、糖尿病治療薬エンパグリフロジン(商品名ジャディアンス)の心血管安全性を評価した大規模臨床試験「EMPA-REG OUTCOME」(以下、EMPA-REG)において、主要評価項目(心血管死亡、非致死的心筋梗塞、非致死的脳卒中の複合)で対照群よりも有意なイベントリスクの減少が認められたと発表した。

エンパグリフロジンで心血管リスク有意減少の画像

ログインして全文を読む