DAPT後の抗血小板療法として、ガイドラインではアスピリン単剤を推奨している。ところが最近は、チエノピリジン系薬を残す循環器医が増えてきたという。アスピリンは消化管出血だけでなく、脳出血のリスクも増やすことが報告されているためだ。

DAPT後にチエノピリジンを残すという選択の画像

ログインして全文を読む