スタチンは脳卒中全体の再発率を低下させなかったが、病型別でみるとアテローム血栓性脳梗塞のリスクを有意に低下させた。アジア人を対象にスタチンの脳卒中再発予防効果を検討した、J-STARS(Japan Statin Treatment Against Recurrent Stroke)試験の結果だ。3月26〜29日に広島市で開かれたSTROKE2015(第40回日本脳卒中学会、第44回日本脳卒中の外科学会、第31回スパズム・シンポジウムの合同開催)で、広島大学脳神経内科の松本昌泰氏が報告した。

スタチンの脳卒中再発予防効果は病型で異なるの画像

ログインして全文を読む