6年ぶりの改訂となる『脳卒中治療ガイドライン2015』の概要について、3月26〜29日に広島市で開催されたSTROKE2015(第40回日本脳卒中学会、第44回日本脳卒中の外科学会、第31回スパズム・シンポジウムの合同開催)で、日本脳卒中学会・脳卒中ガイドライン委員会委員長の小川彰氏(岩手医科大学学長)が報告した。ガイドラインは現在最終原稿の段階にあり、6月下旬にも発刊予定という。

脳卒中治療ガイドライン改訂版、6月発行予定の画像

ログインして全文を読む