米国糖尿病学会(ADA)と欧州糖尿病学会(EASD)は3月16日、インスリンポンプの承認前後の安全性評価について、規制当局やメーカーだけでなく、医師や学会など関係する組織全てがかかわる抜本的な改革が必要であるとの共同声明を発表した。声明は同日、両学会の学術誌であるDiabetes CareおよびDiabetologiaのウェブサイトに掲出された。

ログインして全文を読む