管理不良の高血圧患者の服薬アドヒアランスと血圧管理がスマートフォンアプリの使用により改善できるかを調べたランダム化比較試験の結果が発表された。アプリを使用しなかった対照群に比べて介入群では服薬アドヒアランスは向上したが、血圧管理には差が見られなかった。結果は4月16日、JAMA Internal Medicine誌オンライン版に掲載された。

ログインして全文を読む