急性虚血性脳卒中患者を対象として、主に血栓回収ステントによる血管内血栓除去術を評価したランダム化比較試験(RCT)のメタ解析を行ったところ、同治療は様々なサブグループの患者で有効であることが示された。結果はLancet誌4月23日号に掲載された。

ログインして全文を読む