大規模なランダム化比較試験(RCT)のメタ解析から、ジペプチジルペプチダーゼ(DPP)-4阻害薬の投与によって心血管イベントのリスクは上昇しないことが再確認された。一方で急性膵炎のリスクは有意に上昇していた。結果は2015年12月23日、Diabetes, Obesity and Metabolism誌オンライン版に掲載された。

ログインして全文を読む