冠動脈バイパス術(CABG)時にカルペリチドを投与すると、術後心房細動(POAF)が有意に減少することが、日大板橋病院で実施されたNU-HIT for POAF試験で明らかになった。結果は4月3日、Circ Arrhythm Electrophysiol誌オンライン版に掲載された。

ログインして全文を読む