グルカゴン様ペプチド(GLP)-1受容体作動薬リキシセナチドの心血管安全性を評価したELIXA試験の結果が、第75回米国糖尿病学会(ADA2015)で6月8日、発表された(開催地:米ボストン)。心血管リスクの高い糖尿病患者6068例を2.1年間追跡したが、リキシセナチド投与に伴う有意な心血管リスクの上昇は観察されなかった。

リキシセナチドによる心血管リスク、上昇せずの画像

ログインして全文を読む