2型糖尿病患者の降圧治療開始値および降圧目標として収縮期血圧(SBP)140mmHg未満はおおむね妥当だが、脳卒中予防の観点では130mmHg未満を目標にできることが示された。英国オックスフォード大学などのグループによるシステマティックレビューとメタ解析の結果で、論文はJAMA誌2月10日号に掲載された。

ログインして全文を読む