欧米4カ国の6コホートを併合した大規模な解析では、ピオグリタゾンの曝露と膀胱癌との間に有意な関連は認められなかった。英国、フィンランド、カナダ、オランダなどの国際共同研究グループの検討結果で、2014年12月7日、Diabetologia誌オンライン版に論文が掲出された。

ログインして全文を読む