頻回インスリン注射療法(MDI)でも血糖コントロールが不良な2型糖尿病患者を対象に、ナトリウムグルコース共輸送担体(SGLT)2阻害薬エンパグリフロジン追加投与の有効性と安全性を検討した二重盲検ランダム化比較試験の結果が明らかになった。第74回米国糖尿病学会(ADA2014)のADA Diabetes Care Symposiumで発表され、Diabetes Care誌7月号に論文が掲載された。

ログインして全文を読む