本論文は、ナトリウムグルコース共輸送担体(SGLT)2阻害薬による体重減少が、主に体脂肪の分解によって生じることを示した研究結果としてよく引用されている。メトホルミンで効果不十分な2型糖尿病患者にダパグリフロジンを併用投与し、体重や腹囲とともに体脂肪の変化を評価したもので、J Clin Endocrinol Metab誌2012年3月号に掲載された。

ダパグリフロジンの減量効果は主に体脂肪減少によるの画像

ログインして全文を読む