フロリジン(左図に構造式)をリード化合物として開発された、ナトリウムグルコース共輸送担体(SGLT)2阻害薬。2014年1月のイプラグリフロジン(商品名スーグラ)の承認に続き、3月24日にはダパグリフロジン(フォシーガ)、ルセオグリフロジン(ルセフィ)、トホグリフロジン(デベルザ、アプルウェイ)が承認された。

続々登場のSGLT2阻害薬、プロファイル一覧の画像

ログインして全文を読む