2013年12月にメルボルンで開催された世界糖尿病会議2013(IDF-WDC2013)において、既存の経口血糖降下薬で効果が不十分な日本人2型糖尿病患者を対象に、ナトリウムグルコース共輸送担体(SGLT)2阻害薬ルセオグリフロジンの併用効果を評価した第3相試験の結果が発表された。

ルセオグリフロジンの併用効果、日本人P3成績まとまるの画像

ログインして全文を読む