一般診療所において役立ててもらうことを目的とした「糖尿病標準診療マニュアル」が策定され、このほどインターネットでも公開された。策定の中心的な役割を果たした国立国際医療研究センター病院の能登洋氏が、その特徴と意義について、10月に大宮で開催された日本糖尿病合併症学会で解説した。

一般診療所向け「糖尿病標準診療マニュアル」の特徴と意義を解説の画像

ログインして全文を読む