糖尿病を併発したアルツハイマー病(AD)患者で観察されるセミカルバジド感受性アミンオキシダーゼ(SSAO)の増加は、血管損傷の程度と相関することが示された。死後の脳組織を免疫組織学的に検討した研究により明らかになったもので、バルセロナ大学のM.Sole氏らが、3月にスペインのバルセロナで開催された第10回国際アルツハイマー・パーキンソン病学会で報告した。

糖尿病併発アルツハイマー病患者のSSAO増加は血管損傷の程度と相関の画像

ログインして全文を読む