アルツハイマー病(AD)と2型糖尿病の関連性を示唆する知見が、また1つ積みあがった。死後脳組織の研究から、「ADはインスリン抵抗性脳状態」とする仮説を支持するデータが得られた。3月にスペインのバルセロナで開催された第10回国際アルツハイマー・パーキンソン病学会で、ドイツWuerzburg大のJ.Bartl氏らが発表した。

「ADはインスリン抵抗性脳状態」を支持――死後脳組織の研究からの画像

ログインして全文を読む