血液内科医としてバリバリ仕事をこなして20年余り。ふと言い知れぬ疲れを感じたとき、医療過疎地で介護老人保健施設(老健施設)を開業した友人に誘われ、施設長に転身する。今まで知らなかった世界に身を置くと、屈辱感と同時に使命感が湧いてきて…。

理想の老健施設づくりに残りの医師人生を賭ける!の画像

ログインして全文を読む