大学院への進学が求められる医局に入局して外科勤務医を続けるか、将来の開業を目指して新たな経験を積むか―。後期臨床研修修了後の進路を考えたとき、入局はデメリットの方が大きいと判断。自ら医師紹介会社を利用して、形成外科クリニックへの就職を決意した。院長からは、「ゆくゆくは分院を任せたい」と期待されているという。

将来の開業を見据え、大学医局を去るの画像

ログインして全文を読む