もともと臨床を志望していたため、医局に残ることは考えていなかったという眼科医師。さらなる転職も視野に入れ、年収よりも経験や時間の確保を優先して、公立病院への転職を決めた。

臨床志望なら、医局は不要!の画像

ログインして全文を読む