浅大腿動脈の血管内治療には、ナイチノールステントが使われるが、再狭窄率が高く、その抑制が課題となっている。そこで、関西ろうさい病院循環器科の飯田修氏らは、ナイチノールステント留置症例での再狭窄に関与する要因を検討し、米オーランドで開催された米国心臓協会学術集会2009(AHA 2009)で報告した。

ログインして全文を読む