シロスタゾールは、血管拡張作用と平滑筋増殖抑制作用を併せ持つ抗血小板薬であり、末梢動脈疾患(PAD)における血管内治療(PTA)後の標的病変血行再建(TLR)を抑制すると報告されている。また、動脈硬化のリスクが高い透析患者においても、シロスタゾールはPTA後の開存率を改善することも報告されている。

PAD合併の透析患者において、シロスタゾールはTLRを抑制し長期予後を改善の画像

ログインして全文を読む