2008年2月、東京で開催された腰部脊柱管狭窄講演会「見逃してはいけない末梢血管障害」において、東京医科大学外科学第二講座(血管外科)教授の重松宏氏は、「間欠性跛行を心臓・脳・下肢といった多臓器における動脈硬化病変の兆候として捉えるべきである」と指摘し、その診断と治療の重要性を述べた(日経メディカル別冊)。

間欠性跛行診療のピットフォール ― 末梢血管障害(PAD) ―の画像

ログインして全文を読む