2008年2月、東京で開催された腰部脊柱管狭窄講演会「見逃してはいけない末梢血管障害」において、厚生連高岡病院整形外科診療部長の鳥畠康充氏は、腰部脊柱管狭窄症(LCS)と末梢血管障害(PAD)合併例の診断の重要性を指摘し、合併型間欠跛行の診断基準を提示した(日経メディカル別冊)。

合併型間欠跛行の診断基準を提示の画像

ログインして全文を読む