2007年11月に、米国オーランドで開催された米国心臓協会・学術集会(AHA2007)で、米コロラド大学のWilliam R. Hiatt氏らは、PAD患者におけるシロスタゾールの長期安全性について検討したCASTLE試験の成績について報告した。

シロスタゾールによる間歇性跛行治療の画像

ログインして全文を読む