手術の際に、血管と周辺組織との解剖学的関係を把握しておくことは安全かつ合理的な手術を行う上で極めて重要です。そこで、血管への到達法という観点から、ポイントとなる動脈ごとに視野展開のコツをまとめました。まず監修をお願いしたのは、旭川医大第一外科教授の笹嶋唯博氏です。

血管到達法の基礎(No.2) 大腿動脈の画像

ログインして全文を読む