下肢へと通じる動脈は、腹部大動脈から左右の総腸骨動脈に分かれて始まります。総腸骨動脈はその後、仙骨の辺りで外腸骨動脈と内腸骨動脈に分かれます。外腸骨動脈は鼠径靱帯と骨の間を通り、深腸骨回旋動脈と浅腸骨回旋動脈、下腹壁動脈を分岐した後、大腿前面部に現れて、総大腿動脈となります。

下肢動脈 解剖の基礎の画像

ログインして全文を読む