近年、高齢化社会などを背景にPAD(末梢動脈疾患)が増加しているが、重症虚血肢となると治療が困難なことも多く、予後も極めて不良となる。従って、早期発見・早期治療が非常に大切であり、そのためには関連する診療科の連携も重要となる。そこで、医療法人厚生会虹が丘病院血管外科部長の西活央氏に、PADに対する治療の実際や、医療連携の取り組みについて、お話をうかがった(日経メディカル別冊)。

重症虚血肢の治療が血管外科の最も重要な務めの画像

ログインして全文を読む