PAD(末梢動脈疾患)に対する治療では、薬物療法、血管内治療、外科治療のそれぞれのメリットを考慮して、患者さんに最も適した治療法を選択することが重要となる。そこで、東京逓信病院外科医長の北川剛氏(写真)に、PAD患者の動向や診断・治療の実際についてうかがった(日経メディカル別冊)。

長期的にも有効で、より低侵襲な治療を行うのが理想の画像

ログインして全文を読む