末梢動脈疾患(PAD)に対する積極的治療としては、バイパス術と血管内治療に加え、近年、血管再生治療が注目されている。そこで、血管内治療と血管再生治療の両方を行っている神戸市立医療センター中央市民病院循環器内科医長の木下愼氏に、PADの診断と治療の実際、さらに血管再生治療の現状についてうかがった(日経メディカル別冊)。

バイパス術や血管内治療ができない重症下肢虚血に対する血管再生治療の有効性に期待の画像

ログインして全文を読む